FC2ブログ

演奏会のお知らせです


20210628103019ce0.jpeg
20210628103016366.jpeg
サマーコンサート:色彩豊かなプログラム、あまりメジャーな曲ではありませんが、心暖まる名曲、そして緻密なアンサンブルの楽しみを是非お聴き頂けたらと思います。ピア二ストの富所沙織さんはベルリンから来日されます!

そして9月9日は宮城野区文化センターパトナホールワンコインコンサートに出演させて頂きます。本当に素晴らしいホール、音響も含め秋にふさわしいプログラムをご用意いたましたので是非ご来場下さいませ
20210721182614416.jpeg

Mozart matinee モーツアルトマチネ トリオダンジュコンサート vol.3

Mozart matinee モーツアルト マチネ トリオダンジュコンサート Vol.3 
コロナの関係で会場が変更したにも関わらず、たくさんの方々に御来場いただきましてありがとうございました。アンケートに寄せられたたくさんの暖かいメッセージもありがたく読ましていただきました。ご協力いただいた皆様にも心よりお礼を申し上げます。
その後Ensemble coeur de Roseau トリオダンジュによるMozart Divertimento 全5曲のCD収録も行われました。今年中には完成し、皆様にお届け出来る予定です。是非お手に取って頂けましたら幸いです。Mozart matinee シリーズVol.4 もお楽しみに!


yamaguchi_strausshall-9561.jpg
yamaguchi_strausshall-9015.jpg
yamaguchi_strausshall-8671.jpg
yamaguchi_strausshall-8610-2.jpg
yamaguchi_strausshall-8649.jpg
20210625183054b7c.png









こちらはCD収録の様子です
CD1.jpeg
CD.jpeg

Cd3.jpeg



202166.jpg

去年中止になったAll Mozartを2021年6月6日(日)に開催いたします
(Mozart matinee モーツァルトマチネ トリオダンジュコンサートvol 3 All Mozart)

開催場所ですが、コロナの影響により急遽シュトラウスホール(常盤木学園高等学校内)に変更になりました。
そして開演時間も14時から1時間後に変更になり、15時開演となります。色々な形でお伝えしていけたらと思っておりますが、何卒ご協力、ご理解の程よろしくお願い致します。場所がお分かりにならない時や何かご質問がありましたら、何なりとお問い合わせ下さいませ

座席数は通常の半分にするなど、感染対策を万全にして皆さまのご来場をお待ちしております


*去年お買い求めいただいたチケットをお持ちの方は同じチケットでご入場いただけますが、事前にご連絡頂けましたらと思います。




20210529190002cf8.jpeg
5月30日のチケットは完売となっております。

Mozart matinee モーツアルトマチネ トリオダンジュコンサート 

Mozart matinee モーツアルトマチネ トリオダンジュコンサートvol. 2
コロナ渦だけでなく大きな地震が直前にあったりと大変な状況にもかかわらず、沢山の方々にご来場頂きありがとうございました。ご協力頂いた方々にも心よりお礼申し上げます。
MAR09799.jpg


MAR09764.jpg
MAR09776.jpg
MAR09774.jpg

MAR09813.jpg

20210425102427203.jpeg

Mozart matinee モーツアルトマチネ トリオダンジュコンサート vol.2

13089570479601.jpg

2012年2月19日(金曜) 14:00~
宮城野区文化センター パトナホールにて
Mozart matinee 
モーツアルトマチネ トリオダンジュコンサートを開催いたします

プログラム
モーツァルト作曲 オーボエ・クラリネット・ファゴットの為のディヴェルティメント 1番、2番、3番 他 KV.439b (Anh.229)

出演者
クラリネット ダビット ヤジンスキー
ファゴット 石川 晃
オーボエ 山岸 亜貴

Mozart matinee モーツァルトマチネ トリオダンジュコンサートは第2回目の開催となりました。
モーツァルトが天才とされるのは表面上は美しく整えられているのに、その中に全てが存在しているからでしょうか。mozartは上等な服を着て着飾るのが好きで神童と呼ばれていましたが、もちろん中身は普通の生身の人間で、馬車で旅しては、心をときめかせ、また六人の子供に恵まれましたがそのうち4人を失ったりと様々な哀しみにも遭遇しています。それらのものは色々な形で曲の中で姿を現し、聴き手の心を掴みまたは開放し、鮮やかに変化します。この演奏会でも皆さまの心に様々な形で反映し、励まし寄り添うものであります様に。

当時の楽器は現在のモダンな楽器よりも発音するのに時間を要し、ほんのずれが生じる事で、柔らかな音の層と倍音が生じていました。モダンな楽器でもその層を作るよう倍音を重ねたりして響を再現しようとする試みが大事だと考えています。そしてオーケストラの編成からみれば分かるように、モーツァルトはメロディだけでなく、内声、そして低音が聞こえる事が重要だと考えていました。(当時は1バイオリンと2バイオリンが同じ数使用され、ファゴットは通常2本ですが、モーツァルトは4本使用していました!ビオラは現在のものより20cm大きく深く大きな音がしました)
このディヴェルティメントは3声で演奏しますが、全パートが重要な役割を果たします。オリジナルは3本のバセットホルンですが、このオーボエ、クラリネット、ファゴットによる演奏をどうぞお楽しみください。 山岸亜貴